Maiの開発ヒストリー

1.はじめに

20年経った、今では、そういう質問はありません。

Maiが完成して(1999 年 12 月)から、そのデモンストレーションや塗膜研磨の講習会に行くと、Maiの銘板を見て「これはリョービのポリッシャか? リョービのポリッシャを改造したものなのか?」と必ず尋ねられました1。それまでの、リョービのポリッシャは「ダイヤルで回転数が自由に調整できるから使いやすいが、力が無く、すぐにモーターが壊れる。」と言われていたので、ユーザー様は「Maiに関心はあるが、耐久性が心配だったのか、それともMaiの値段が高過ぎたのか。」何れかの理由で質問したのでしょう。私は、「リョービ(株)との共同開発によって作られたものだ。」ということを、詳しく説明することが、面倒であったため、「リョービ製のものを改造したものです。」と説明していました。

発売から数か月経ったある日、出向から戻った元リョービ販売の商品開発部坂上次長2 から私の所に喜びの連絡がありました。「市場調査に度々、通っている広島の鈑金塗装業者様に出かけた時、その方がMaiを使っていて、次長に、『リョービさんは、こういう力のあるポリッシャを作らなければいけないよ。』と諭すように語ってくれた。」という内容のものでした。彼はMaiがリョービ(株)とケヰテックとの共同開発によって出来上がったものであることを知らなかったので、その様に話したのでしょう。

共同開発の発端は、1997年頃の、リョービ販売、技術部開発課の塚本課長からの電話でした「。電気用品取締法が改正されて、電気用品安全法になる機会にポリッシャを一(いち)から作り直したいので、何か要望があるか?」というものでした。私は1992年ほどから、仕上げ用の「円心を中心とする揺動ポリッシャ」を製造販売して、全国のユーザー様に会う機会が出来、デモンストレーションをする内に、「鈑金塗装業界やディテーリング業界の研磨作業における最も大きな問題は、初期工程の深いバフ目が消えないことだ。」ということが分かり始めていました(塗膜のバリエーションもあって、今では問題がもっと多岐に渡っています)。そこでバフ開発へと向かったのですが、表面素材に使用したものが綿(コールテン)であったため、バフが塗面との間に発生する摩擦抵抗が強すぎてポリッシャが負けてしまって、適当な回転速度で回らない事態が発生していました。そのため、強力な回転力を持つことで適当な回転数でバフを回し続けられることが「バフを回す道具」であるポリッシャに必要な条件であると考えていました。そこで、チャンスとばかり「いいアイディアがあるので、一緒に作りましょう。」と答えたのです。私の様な小さな者が、その言葉を実現出来たのは、該社の当時の社長や、その先代社長3 のお蔭ですし、リョービ (株)の基本理念の「勇気をもって未来に挑戦する」姿勢の表れと感謝しています。また、関わったすべての人たちの熱い心と不断の努力とを思い返すたびに、胸が熱くなります。

窓口であったリョービ販売、東海営業部の加藤部長、小牧営業所の布川所長の熱心な働きのおかげもあって、「史上最強のシングル回転ポリッシャを作る」をスローガンに、リョービ(株)とケヰテックとで平成10(1998)年11月11日、共同開発契約を結んで、プロジェクトは始動しました。

1 当WEBの開発ヒストリーに於いてのみ、リョービ株式会社様・リョービ販売株式会社様の敬称は省略し、リョービ(株)、リョービ販売と呼んでいます。

2 人物の名称は全て、架空のものです。

3 先代の社長には研磨作業のデモを見てもらっていました。その時に「ケヰテックに注意する様に」という申し送りをして下さった様です。

2.目標について

Maiが目指す目標は、ケヰテックにて定め、合理性や、達成可能性をリョービ ( 株 ) とリョービ販売との3者で協議して、吟味していきました。私が、提案した、Maiに要求される能力4 は、

「2.1. 可逆転式 順回転、逆回転がスイッチングで使用できる。
目的は、塗膜のエッジ部分、R・逆R部分でダウンカット出来、塗膜を剥がす危険が少なく、塗面に不必要な深い傷を付けない研磨をすること。
1)スタートスイッチのスイッチング方法(ソフトスタートか非ソフトスタートか)は試作機完成後、実験によって使用しやすいものに決定する。
2)逆転スイッチのスイッチング方法は操作性、安全性など総合的に判断して決定する。
2.2. 無段階変則式回転数
回転数は、一般塗装、高品位塗装、複雑な形状部分、広い平面、熟練者、非熟練者を問わず効率よく使用できるものとする。現在のところ、700~2300回転で検討中。
2.3. クラス最大級のトルク
トルクはクラス最大級で負荷によって回転数の低下が無いものとする。(完全フィードバック型電子制御回路使用)
2.4. 使いやすい形状
1)メイン・サブグリップは握りやすく、作業者の力を被研磨面に伝えやすい形状にする。
2)メイン・サブのグリップ位置、パッドとの位置関係は、①回転反力対する抵抗性、②ピッチ・ロール方向の反力対する抵抗性、③バフを押す力の効率性、④バフの最大友好使用範囲の広(高い)範囲性、⑤重心位置の低さを総合的に考慮して決定する。
2.5. 高耐久性
特に、カーボンブラシの耐久性とブラシフォルダーの耐久性を考慮する。
2.6. 軽い
重量は2kgを目標とする。
2.7. お値打ち
価格は市場に十分受け入れられるものとする。」

でした。

以下、モーターと内部デザイン、外観デザイン、メイングリップ、サブグリップ、回転数、スタート方式、可逆転式の妥当性、パッドなどに関して、「そこにどんな意図や設計思想が込められているのか?」、「結局、何故、そうなったのか?」を明らかにしていきます。

4 会議レジュメ。リョービ販売本社にて。平成 10. 5. 8 文書より。